戦国時代 2世界の地域構成 6

2011年05月16日

平安時代 5

かな文字が発達したこの
時代、この人物は「男も
すなる日記といふものを
女もしてみむとてするな
り。」という書き出しで
始まる『土佐日記』を
かな文字で書き記した。
また、この時代、和歌が
再びさかんになり、この
人物が中心となって『
古今和歌集』がまとめら
れた。この人物は誰か
●●●

※京都成章高校平成
16年入試問題より抜粋















●●● 紀貫之
(きのつらゆき)

醍醐(だいご)天皇の
命で紀貫之が古今和歌集
(こきんわかしゅう)を
編集した。また国風文化
における日記として土佐
日記は有名である


qa2005 at 13:51│Comments(0) 平安時代 | 京都成章高校

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
戦国時代 2世界の地域構成 6