古代日本の歩みと東アジア 4日本の地域構成9

2012年05月09日

古墳時代 2

5世紀ごろの日本では、
巨大な古墳がつくられて
いた。その中には、大阪
府堺市にあり仁徳(にん
とく)天皇陵と伝えられ
ている大仙(だいせん)
古墳や、兵庫県神戸市に
ある五色塚(ごしきづか
)古墳のように、四角と
円を組み合わせた形のも
のがある。この形の古墳
は何と呼ばれているか。

※大阪府公立高校平成
22年入試問題より抜粋






















前方後円墳
(ぜんぽうこうえんふん)

方墳(ほうふん)と円墳
(えんぷん)が組み合わ
さった古墳で、巨大なも
のが多い。


qa2005 at 15:15│Comments(0) 古墳時代 | 大阪府公立高校

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
古代日本の歩みと東アジア 4日本の地域構成9