2012年06月09日

武家政治の成立と展開 2

水墨画を大成した雪舟は、
応仁の乱のころに勘合貿
易の船で明に渡って絵を
学んだ。15世紀初めに
勘合貿易と呼ばれる貿易
を始めた将軍はだれか。

※大阪府公立高校平成
18年入試問題より抜粋























足利義満
(あしかがよしみつ)

室町幕府3代将軍の義満
は、幕府政治の基礎を確
立したとされる。勘合と
は、当時多発していた倭
寇(わこう)と呼ばれる
海賊の船と区別するため
に用意された割り札(ふ
だ)のこと。一枚の札を
半分に割って、日本と明
がそれぞれ持ち、これを
つきあわせて確認した。


qa2005 at 12:54│Comments(0)武家政治の成立と展開 | 大阪府公立高校

コメントする

名前
URL
 
  絵文字