2014年01月08日

江戸時代 25

江戸時代に活躍し、「曽
根崎心中(そねざきしん
じゅう)」など、人間ら
しく生きようとして苦し
む人々のすがたを人形浄
瑠璃を通してえがいたの
は、誰か。

※京都明徳高校平成18年
入試問題より抜粋






















近松門左衛門
(ちかまつもんざえもん)

語りと操り人形が一体と
なったものが人形浄瑠璃
(にんぎょうじょうるり
)で、その脚本を書いた。


qa2005 at 16:41│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字